blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2014年12月25日

中谷防衛大臣就任

12月24日に発足した第3次安倍内閣で防衛大臣兼安全保障法制担当大臣に任命された中谷元防衛大臣の着任式が25日防衛省で行われた。 中谷新大臣は、「自分の原点は、自衛官としての現場経験であり、常に諸君と共にあって、先頭に立ち、強い意志を持って全力で責任を果たしていく」「確実に任務を遂行できるよう、徹底的に強く、たくましく、質の高い組織を目指していきたい」と幹部およそ600人を前に訓示した。
また、4ヶ月弱で退任となった江渡聡徳前大臣の離任式は同日午前に行われ、「4か月足らずの短い期間だったが、大過なく務めることができた。御嶽山の噴火など災害が多発し、責任と使命の重さを実感する毎日だった」と述べた。
尚、左藤章防衛副大臣、原田憲治、石川博崇両政務官は留任となった。

中谷 元(なかたに げん)
自由民主党衆議院議員(9期)
出身地:高知県高知市
生年月日:昭和32年10月14日
昭和55年3月防衛大学校本科(理工学専攻)卒業(24期)
昭和59年12月陸上自衛隊普通科連隊小銃小隊長、レンジャー教官を担当、2等陸尉で退官
衆議院議員秘書を経て平成2年2月衆議院議員初当選
平成13年4月26日から平成14年9月30日まで小泉内閣で防衛庁長官

2014年12月19日

冬の将官人事

防衛省は12月15日と19日付で、自衛隊将官人事を発令した。
主な人事では、航空総隊司令官、大湊地方総監、教育航空集団司令官らが交代。
これに伴い、陸将、海将、空将に各1人が昇任(退職 陸海空将各1人)、将補には7人が昇任(陸4・海3/退職 陸3・海1)し、計27人(将5・将補22)の将官が異動した。 この他、12月1日、19日付等で1佐職約250人が動いた。

2014年12月05日

国防長官にカーター氏指名

11月24日に辞任発表されたヘーゲル国防長官(Secretary of Defense Chuck Hagel)の後任人事でオバマ大統領は12月5日、アシュトン・カーター(Ashton B. Carter)氏を第25代国防長官に指名すると発表した。 上院で承認されるまでヘーゲル氏が国防長官の職に留まる。
カーター氏は1954年フィラデルフィア生まれでエール大学出身、オックスフォード大学理論物理学博士。
国防総省で世界戦略担当国防次官補(Assistant Secretary of Defense for Global Strategic Affairs)、所得・技術・兵站担当国防次官(Under Secretary of Defense for Acquisition, Technology and Logistics)を歴任後、2011年10月から2013年12月まで国防副長官(Deputy Secretary of Defense)を務めた。
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連