blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2017年07月28日

防衛大臣ら辞任、次官に豊田硬官房長

政府は7月28日の閣議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐって責任をとる黒江哲郎防衛次官が同日付で退任し、後任に豊田硬官房長が昇格するなどの人事を決めた。 稲田朋美防衛相は、同様に責任をとる岡部俊哉陸上幕僚長の8月8日付の退任を認め、後任に山崎幸二北部方面総監を起用すると報告し、了承を得た。

稲田氏は28日の閣議後の記者会見で、日報問題の責任を取り辞任する意向を表明した。 同日午前、安倍晋三首相に辞表を提出し、受理された。 8月3日にも予定する内閣改造までは岸田文雄外相が防衛相を兼務する。

豊田 硬氏(とよた・かたし)82年(昭57年)東大法卒、旧防衛庁へ。人事教育局長、14年官房長。山口県出身、58歳。

山崎 幸二氏(やまざき・こうじ=陸上幕僚長)83年(昭58年)防大卒、陸上自衛隊へ。統合幕僚副長、16年北部方面総監。山梨県出身、56歳。(8月8日付)

鈴木 良之氏(すずき・よしゆき=防衛装備庁長官)82年(昭57年)中大法卒、旧防衛庁へ。防衛研究所長、16年人事教育局長。東京都出身、59歳。

高橋 憲一氏(たかはし・けんいち=官房長)83年(昭58年)早大法卒、旧防衛庁へ。統合幕僚監部総括官、16年整備計画局長。兵庫県出身、59歳。

西田 安範氏(にしだ・やすのり=整備計画局長)84年(昭59年)東大法卒、旧大蔵省へ。防衛省装備施設本部副本部長、15年官房審議官。大分県出身、55歳。

武田 博史氏(たけだ・ひろふみ=人事教育局長)慶大法卒、85年(昭60年)旧防衛庁へ。沖縄防衛局長、14年報道官。東京都出身、56歳。
(いずれも28日付)

(以上日本経済新聞 2017/7/28より)

防衛省は28日、特別防衛監察の結果を受け、日報の非公表に関わった黒江哲郎事務次官や岡部俊哉陸上幕僚長ら幹部5人を停職や減給の懲戒処分とした。
黒江哲郎事務次官=停職4日▽岡部俊哉陸上幕僚長=減給1カ月(10分の1)▽堀切光彦・前陸上自衛隊中央即応集団副司令官(現陸自関東補給処副処長)=停職5日▽牛嶋築・前陸上幕僚監部運用支援・情報部長(現陸幕指揮通信システム・情報部長)=停職3日▽辰己昌良・統合幕僚監部総括官=停職2日

(以上毎日新聞 2017/7/28より)

2017年07月01日

南西航空方面隊を編成

南西諸島周辺空域の防空態勢を強化するため、防衛省は7月1日付で空自の「南西航空混成団」を廃止し、新たに「南西航空方面隊」(略称=南空、人員約3200人)を那覇基地に編成した。
航空方面隊の新編は昭和36年の「西空」いらい56年ぶりで、中期防衛力整備計画での南西地域の防衛態勢強化の一環として実施された。
「南空」新編に伴い、隷下の南西航空警戒管制隊も同日付で「南西航空警戒管制団」(南警団)に格上げされた。

(朝雲新聞 2017年7月6日)