blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2020年03月22日

防大64期・防医大41期卒業式

防衛大学校(國分良成学校長)の令和元年度卒業式が3月22日同校記念講堂で行われた。
今年度の卒表生は、本科第64期が437人(うち女子53人・留学生20人、非任官者35人)、理工学研究科の前後期58人、総合安全保障研究科の前後期13名で総計508人。
式典には安倍総理大臣、河野防衛大臣、山崎統幕長及び陸海空各幕僚長らが出席、新型コロナウイルスの影響で卒業生の家族や来賓は招待せず、出席者は約600人と大幅に規模を縮小されたが式典の様子はインターネットでライブ配信された。
卒業証書と修了証書の授与、学校長式辞、首相、防衛相の訓示等に続き、卒業生代表の加藤将吾学生(陸上要員)が答辞を述べた。
この後の任命宣誓式では、本科卒業生の陸上要員179人、海上要員105人、航空要員98人が陸海空幕僚長より一般幹部候補生(曹長)に任命され、加藤将吾、森田雄也、岡野七海の陸海空要員代表が共に宣誓を誓った。

一方、防衛医科大学校(長谷和生学校長)の卒業式は3月7日に行われ、医学科第41期生70名と看護学科3期生114名(自衛官候補看護学生72人、技官候補看護学生42人、非任官者2人)に卒業証書と学位記が授与され、医学科の花戸郁也学生代表が答辞を、医学科の鈴木和貴学生が「医師の誓い」、看護学科の畑中亜海学生が「看護師の誓い」を読み上げた。

2020年03月02日

空軍参謀総長指名

エスパー国防長官は3月2日、太平洋空軍司令官のチャールズ・ブラウン空軍大将(Commander, Pacific Air Forces;Air Force General, Charles Q. Brown Jr.)を第22代空軍参謀総長(22nd Chief of Staff of the Air Force)に充てる指名人事を発表した。 2016年7月から空軍参謀総長を務めるデビッド・ゴルフィン空軍大将(Air Force General, David L. Goldfein)は6月30日に退役する。
議会で承認されれば、アフリカ系アメリカ人初の空軍制服組トップとなる。

General Officer Announcement March 2, 2020
Gen. Charles Q. Brown nominated to be next Air Force Chief of Staff
GENERAL CHARLES Q. BROWN JR.
アメリカ空軍次期参謀総長に初の黒人指名 現在の太平洋空軍司令官
米国で初の「韓国通」黒人空軍参謀総長
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連