blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2020年12月22日

2020年冬の将官人事

防衛省は12月22日付で、自衛隊将官人事を発令した。(12月11日内閣承認)
将では防衛医科大学校幹事、統合幕僚副長、陸上総隊幕僚長、海自航空集団司令官、横須賀・呉・大湊地方総監、海自幹部学校長、空自南西航空方面隊司令官、中央病院副院長、防衛装備庁装備官(空自)が交代。
将11名(陸1 海6 空4)・将補31名(陸15 海12 空4)が動く。

将官への昇任者及び退職者数は次の通り。
将:昇任5名(陸1 海2 空2)退職4名(陸1 海2 空1)
将補:昇任15名(陸9 海4 空2)退職10名(陸8 海2 空0)

また同日付で上部泰秀中央病院長が退職し、後任には福島功二空将(防衛技官に転官・防衛医科大学校幹事)が任命された。

人事発令|2020(令和2)年(防衛省)

2020年12月03日

インド太平洋軍司令官指名

ミラー米国防長官代行は12月3日、次期米インド-太平洋軍司令官(Commander, US Indo-Pacific Command)に米太平洋艦隊司令官(Commander, U.S. Pacific Fleet)のジョン・アクイリノ海軍大将(Navy Admiral, John C. Aquilino)が指名されたと発表した。 2018年5月からインド-太平洋軍司令官を務めるフィリップ・デービッドソン海軍大将(Navy Admiral, Philip S. Davidson)は退役する予定。
アクイリノ海軍大将は、TOPGUNを卒業した海軍戦闘機パイロットで、海軍作戦本部作戦・戦略担当作戦次長(N-3/N-5)、中央米海軍/第5艦隊司令官を経て、2018年5月から太平洋艦隊司令官を務めている。

また、退役予定の米韓連合軍兼在韓米軍司令官(Commander, United Nations Command/Combined Forces Command/U.S. Forces Korea)ロバート・エイブラムス陸軍大将(Army General, Robert B. Abrams)の後任に、米太平洋陸軍司令官(Commanding General, U.S. Army Pacific Command)のポール・ラカメラ陸軍大将(Army General, Paul J. Lacamera)が指名された。
両指名とも、上院の承認が必要となる。

Navy Admiral, John C. Aquilino
Army General, Paul J. Lacamera
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連