blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2021年04月07日

防大・防医大入校式

令和3年度防衛大学校入校式が4月5日(月)同校記念講堂で行われ、本科生と研究科生の計605人が入校した。
入校生の内訳は、本科第69期学生が502人、タイやベトナムなど9カ国からの本科留学生が23人、大学院に相当する研究科(前期・後期)の学生が80人。
また令和3年度防衛医科大学校医学科・看護学科入校式は、4月7日(水)に行われ、医学科第48期学生84名、看護学科第8期学生(自衛官候補看護学生)74名、看護学科第8期学生(技官候補看護学生)45名が入校した。

2021年04月01日

令和3年度防衛省入省式

令和3年度の防衛省新規採用者628人(3月入省の中途採用者を含む)の入省式が4月1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて昨年同様、市ヶ谷の本省をはじめ、全国の各基地・駐屯地、機関など計約150カ所の会場で分散して行われた。
本省では、本省採用の52人のみが式に出席。 入省者を代表して岩本華苗事務官(22)=防衛政策局調査課=が壇上で芹澤清官房長から辞令交付を受けた後、力強く服務の宣誓を行った。
今年度の新規採用者の内訳は、総合職41(うち女性11)人、一般職505(同184)人=大卒206(同67)人・高卒299(同117)人、専門職34(同28)人、研究職3(同1)人、中途採用者など45(同14)人。
※報道インタビュー対応新職員代表※
 竹中凛太郎事務官(22)=防衛装備庁装備政策課
 畑中我海事務官(23)=統幕首席参事官付

(部分参照):朝雲新聞社ホームページ

令和3年新年度改編

令和3年4月1日施行の新年度組織改正は以下の通り。

★防衛大学校と防衛医科大学校の幹事(自衛官)を廃止し、副校長に改正
防衛大学校、防衛医科大学校、防衛研究所及び防衛監察本部組織規則の一部改正〕
・防衛大学校副校長2人及び幹事1人→防衛大学校副校長3人(事務官1 教官1 自衛官1)
・防衛医科大学校副校長3人及び幹事1人→防衛医科大学校副校長4人(事務官1 教官2 自衛官1)

★航空開発実験集団司令部研究開発部の開発課、研究課、航空医学課を廃止し「技術課」を新設
航空総隊司令部、航空支援集団司令部、航空教育集団司令部、航空開発実験集団司令部、航空方面隊司令部及び航空団司令部組織規則の一部改正〕
航空開発実験集団司令部研究開発部(4課から2課へ集約)
計画課 開発課 研究課 航空医学課→計画課 技術課

★地方防衛局の部次長数、企画部に置く課、管理部に置く課の変更等
地方防衛局組織規則の一部改正〕
北海道防衛局、中国四国防衛局(施設補償課廃止と企画部次長の新設と増員)

★防衛装備庁電子装備研究所及び先進技術推進センターを廃止、同庁に「次世代装備研究所」を新設
防衛装備庁施設等機関組織規則の一部改正〕
電子装備研究所 先進技術推進センター→次世代装備研究所(世田谷区)
次世代装備研究所(所長1 先進機能研究統括官1 研究企画官1、総務課 領域横断機能研究部 先進技術研究部 情報通信研究部センサ研究部 電子対処研究部 飯岡支所)

★陸上、海上、航空幕僚監部の再就職管理業務の移管
★防衛装備庁技術戦略部に「技術連携推進官」を新設
防衛省組織令等の一部を改正する政令(防衛省サイト)〕

官報 令和3年3月31日(号外第74号)
官報 令和3年3月31日(特別号外第29号)

★その他の改編等
☆内局防衛政策局調査課に「経済安全保障情報企画官」を新設
☆防衛装備庁装備保全管理官に「産業サイバーセキュリティ室」を新設
☆防衛装備庁技術戦略部技術戦略課に「先進技術戦略官」を新設
☆防衛装備庁プロジェクト管理部事業監理官(情報・武器・車両担当から宇宙・地上装備担当に変更)に「宇宙事業管理班」を新設
☆防衛装備庁調達事業部輸入調達官付有償援助調達室に「履行管理・促進班」を新設

朝雲新聞社ホームページ