blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2015年03月30日

春の将官人事

防衛省は3月30日付で、自衛隊将官人事を発令した。
主な人事では、統合幕僚副長、北部方面総監、第9・第10師団長、航空総隊副司令官、空自補給本部長らが交代。
これに伴い、将に計5人が昇任(陸2海1空2/退職陸2海1空2)、将補には8人が昇任(陸3海3空2/退職陸2海1)し、計30人(将9・将補21)の将官が異動する。 この他、3月23日、30日、4月1日付等で1佐職約430人が動いた。

将昇任者略歴(朝雲ニュース)
山本 ョ人(やまもと・よりと)陸将 防衛大27期。昭和58年陸自。平成9年2佐、14年1佐、20年将補。中方幕僚副長、1特科団長、研本幹事などを経て、24年7月防研副所長。大阪府出身。55歳。

湯浅 悟郎(ゆあさ・ごろう)陸将 防衛大28期。昭和59年陸自。平成10年2佐、15年1佐、21年将補。中方幕僚副長、東京地本長などを経て、25年8月陸幕装備部長。徳島県出身。55歳。

舩木 洋(ふなき・ひろし)海将 横浜国大院修了。昭和60年海自。平成9年2佐、14年1佐、23年将補。技本船舶担当副技術開発官、海幕技術部長などを経て、26年3月同装備部長。神奈川県出身。55歳。

武藤 茂樹(むとう・しげき)空将 防衛大28期。昭和59年空自。平成11年2佐、15年1佐、21年将補。空幕防衛部、2空団司令、防衛大防衛学教育学群長などを経て、25年8月空幕人事教育部長。静岡県出身。53歳。

山田 憲彦(やまだ・のりひこ)空将 防衛医科大5期。昭和60年空自。平成9年2佐、14年1佐、20年将補。空幕首席衛生官などを経て、24年12月航空医学実験隊司令。兵庫県出身。54歳。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115630937

この記事へのトラックバック