blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2016年04月26日

空軍参謀総長指名

カーター米国防長官は4月26日、空軍副参謀総長のデビッド・ゴルフィン空軍大将(Air Force Vice Chief of Staff Gen. David L. Goldfein)を第21代空軍参謀総長(21st Chief of Staff of the Air Force)に充てる指名人事を発表した。 2012年から空軍参謀総長を務めるマーク・ウェルシュ空軍大将(Air Force Gen. Mark A. Welsh III)は今年秋に退役する。
ゴルフィン大将は1983年空軍士官学校卒、4,200飛行時間を有する戦闘パイロット出身。 第49戦闘航空団司令官、航空戦闘コマンド作戦部長、中央米空軍司令官、統合参謀本部事務局長などを経て、2015年8月から空軍副参謀総長を務めている。
また28日には、次期米アフリカ軍司令官(Commander, U.S. Africa Command)に、統合参謀本部第7部長(統合部隊開発担当)のトーマス・ワルドハウザー海兵隊中将(Director, J-7, Joint Staff, Headquarters, U.S. Marine Corps Lt. Gen. Thomas D. Waldhauser)を大将に昇進の上これに充てる指名人事も発表された。

Goldfein nominated as 21st CSAF
GENERAL DAVID L. GOLDFEIN
Lt. Gen. Thomas D. Waldhauser
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175103759

この記事へのトラックバック