blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2021年03月31日

令和2年度末改編まとめ

防衛省自衛隊は3月18日付で令和2年度末の組織改編を実施した。
航空幕僚監部の改編では、「科学技術官」(1等空佐)が新たに設けられたほか、人事教育部の人事計画課、援護業務課、教育課を廃止、「人事教育計画課」と「募集・援護課」に集約。 防衛部の装備体系課、情報通信課を廃止、「事業計画第一課」と「事業計画第二課」に改編した。
一方、宇宙・サイバー・電磁波関連では、統合幕僚監部指揮通信システム企画課に宇宙分野の装備品研究などを担う5人編成の「宇宙領域企画班」、陸上幕僚監部指揮通信システム課に「サイバー・電磁波領域班」が新設されたほか、陸上自衛隊システム通信団隷下のシステム防護隊が「サイバー防護隊」(市ヶ谷・約130人)に改編された。
このほか、航空自衛隊の滞空型無人機(グローバルホーク)の導入に伴い、三沢基地に「臨時偵察航空隊」(約70人)が新編されたほか、航空支援集団司令部防衛部に航空管制、航空気象、飛行点検の運用等をつかさどる飛行支援課が新設された。
また、陸上自衛隊では、AH-64D戦闘ヘリを運用する西部方面航空隊の第3対戦車ヘリコプター隊(目達原)が「第1戦闘ヘリコプター隊」に改称された。

航空幕僚監部の改編等を定めた防衛省組織令一部改正の要旨は以下の通り。(3月18日施行)
・統合幕僚監部指揮通信システム部指揮通信システム企画課の所掌事務として、宇宙に関する領域に係るものを追加(第六七条関係)
・航空幕僚監部人事教育部人事計画課、援護業務課及び教育課を廃止、同部に新たに人事教育計画課及び募集・援護課を新設、その所掌事務を定め、所要の規定の整備を行う(第一四一条、第一四二条及び第一四五条関係)
・航空幕僚監部防衛部装備体系課及び情報通信課を廃止、同部に新たに事業計画第一課及び事業計画第二課を新設、その所掌事務を定めるとともに、所要の規定の整備を行う(第一四六条、第一四八条及び第一四九条関係)
・航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援課の所掌事務のうち、輸送に関すること等を削除(第一五二条関係)
・航空幕僚監部運用支援・情報部情報課の所掌事務として、航空自衛隊の情報システム及び当該情報システムで用いられる情報の保証に関すること等を追加(第一五三条関係)
・航空幕僚監部装備計画部装備課の所掌事務として、輸送計画の総合調整に関すること等を追加、航空装備品等の研究改善並びに制式及び規格に関すること等を削除(第一五五条関係)
・航空幕僚監部装備計画部整備・補給課の所掌事務として、輸送に関することを追加(第一五六条関係)
・航空幕僚監部に科学技術官を新設するとともに、その所掌事務を定める(第一五八条関係)

★航空幕僚監部改編関連の詳細は以下の通り。(3月18日付1佐職人事参照)
・人事計画課→人事教育計画課
・人事計画課人事計画調整官→人事教育計画課人事教育計画調整官
・人事計画課企画班→人事教育計画課企画班
・人事計画課制度班→人事教育計画課制度班
・人事計画課ワークライフバランス推進企画班→人事教育計画課ワークライフバランス推進企画班
・人事計画課養成班→人事教育計画課養成班
・人事計画課募集班→募集・援護課募集班
・教育課(廃止)→人事教育計画課教育室(新設)
・援護業務課→募集・援護課
・募集・援護課募集・援護調整官(新設)
・援護業務課計画班(廃止)
・援護業務課援護第1班(廃止)
・援護業務課援護第2班(廃止)
・募集・援護課企画班(新設)
・募集・援護課援護班(新設)
・募集・援護課援護業務班(新設)
・装備体系課→事業計画第1課
・装備体系課装備体系調整官(廃止)
・装備体系課装備体系企画班(廃止)
・装備体系課装備体系第1班(廃止)
・装備体系課装備体系第2班(廃止)
・装備体系課性能評価班(廃止)
・事業計画第1課企画班(新設)
・事業計画第1課航空第1班(新設)
・事業計画第1課防空システム班(新設)
・情報通信課→事業計画第2課
・情報通信課計画班(廃止)
・情報通信課電子計算機システム班(廃止)
・情報通信課情報通信運用班(廃止)
・情報通信課情報保証班→情報課情報保証班
・事業計画第2課情報システム班(新設)
・事業計画第2課宇宙領域班(新設)
・事業計画第2課サイバーセキュリティ班(新設)
・事業計画第2課先端技術推進班(新設)
・運用支援課部隊訓練第3班(新設)
・運用支援課輸送室(廃止)
・装備課技術支援室(廃止)
・装備課計画班(廃止)
・整備・補給課補給室→整備・補給課輸送補給室
・整備・補給課通信電子システム班→整備・補給課宇宙通信電子システム班
・航空幕僚監部 科学技術官(新設)
・同 科学技術計画官(新設)
・同 先端技術革新推進官(新設)
・同 基幹技術革新推進官(新設)
・同 監理官(廃止)
・同 監察官(廃止)
・同 総括副監理監察官(新設)
・同 隊務評価室(新設)
・同 副監理監察官(新設)

防衛省組織令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(防衛省 令和3年3月17日)

防衛省人事発令 令和3年3月18日付

★その他の陸海空自衛隊の改編等
☆陸上自衛隊
・通信学校に「サイバー教官室」新設(3月29日付)
・高等工科学校に「システム・サイバー専修コース」設置
・西部方面隊の健軍駐屯地に「第301電子戦中隊」(約80人・NEWS配備)新編(3月18日付)
・方面会計隊派遣隊の会計隊への改編(留萌→第346.岩手→第389.松本→第335.松山→第358.高知→第419)
☆海上自衛隊艦艇の動き
・ミサイル護衛艦「はぐろ」就役、第4護衛隊群第8護衛隊(佐世保)配備(3月19日付)
・ミサイル護衛艦「しまかぜ」練習艦に転籍、練習艦隊第1練習隊(呉)配備(3月19日付)
・掃海艦「えたじま」就役、掃海隊群第3掃海隊(呉)配備(3月16日付)
・潜水艦「とうりゅう」就役、第2潜水隊群第6潜水隊(横須賀)配備(3月24日付)
・音響測定艦「あき」就役、海洋業務・対潜支援群第1音響測定隊(呉)配備(3月4日付)
・練習艦「しまゆき」除籍、練習艦隊第1練習隊(呉)(3月19日付)
・護衛艦「まつゆき」除籍、第14護衛隊(舞鶴)(4月7日付)
☆海上自衛隊組織改編(4月1日付)
・開発隊群艦艇開発隊(横須賀)に「分析部」新設
・潜水艦隊横須賀潜水艦教育訓練分遣隊に「戦術科」新設
・海洋業務・対潜支援群対潜資料隊(船越)の技術調整官を廃止
・各地方総監部管理部総務課の広報係を「広報推進室」に改編
☆航空自衛隊
・第3輸送航空隊(美保)「第405飛行隊」新編(KC-46A運用.令和3年度中機体取得)(2020年12月15日付)

(一部参考):朝雲新聞社ホームページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188547186

この記事へのトラックバック