blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2009年03月13日

海賊対策で海警行動発令

政府は13日午前、安全保障会議と閣議を開き、アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で海上自衛隊の護衛艦派遣を決定した。 これを受け、浜田靖一防衛相が自衛隊法に基づく海上警備行動を海自自衛艦隊司令官に発令。 14日に海自呉基地(広島県)から護衛艦「さざなみ」と「さみだれ」が出港し、4月上旬からソマリア沖・アデン湾で日本関係船の護送を開始する。
海警行動では護衛対象が日本関係船に限られるため、政府は外国船の護衛も可能とする海賊対処法案(海賊新法)も閣議決定した。 成立後、護衛艦の派遣根拠を切り替える。
海警行動の発令は、平成11年3月の能登半島沖不審船事件、16年11月の中国原子力潜水艦による領海侵犯事件に次いで3回目。 日本周辺海域以外での発令は初めてとなる。
護衛艦の乗員は計約400人。 特殊部隊の特別警備隊員のほか、海賊の身柄確保に備え、司法警察権を持つ海上保安官8人が同乗する。 護衛艦は哨戒ヘリ各2機、特別機動船(RHIB)各2艇を搭載し、海賊船から日本商船を警護する。
(産経新聞 2/13)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27557346

この記事へのトラックバック