blogbaner2013.jpg
DSI日米国防組織情報
管理人が、自衛隊と米軍の組織及び人事に関連する主要最新ニュースを発信します。

その他、大小日々の関連ネタはツイッターで発信中...dsimil.com twitter

2014年06月13日

防衛省設置法等改正法公布

自衛官定数等の変更、内部部局の職員に自衛官を加えるための規定の整備、防衛審議官の新設、航空自衛隊の航空総隊の改編に伴う「防衛省設置法等の一部を改正する法律」が6月13日公布された。
詳細は以下の通り。

・自衛官の定数変更:陸上「151,023人」海上「45,494人」航空「47,073人」共同の部隊「1,253人」統幕「367人」情報本部「1,910人」内部部局「40人」の総計「247,160人」(施行8月1日)
・防衛省に「防衛審議官」1人を新設(施行7月25日)
・航空自衛隊航空総隊隷下に「航空戦術教導団」を新設(施行8月1日)
・即応予備自衛官の員数「8,175人」に改定(施行8月1日)
・航空開発実験集団司令部「狭山市(入間基地)」から「東京都(府中基地)」へ移転(施行8月1日)
・防衛省の職員の給与等に関する法律の一部改正(早期退職募集制度に対応するための若年定年退職者給付金の支給に係る規定の整備等)
法律を見る

2014年06月05日

海兵隊司令官指名人事

ヘーゲル国防長官は6月5日、大統領による指名人事を発表し、ジョセフ・ダンフォード海兵隊大将(Marine Corps Gen. Joseph F. Dunford Jr.)を第36代海兵隊司令官(36th commandant of the Marine Corps)に指名する人事を発表した。
ダンフォード大将は現在アフガニスタン国際治安支援部隊司令官/在アフガン米軍司令官(commander, International Security Assistance Force-Afghanistan; and commander, United States Forces-Afghanistan)の職にある。
米軍サイトへのリンク
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連

2014年05月05日

米輸送軍司令官交代式

米輸送軍司令官(Commander, U.S. Transportation Command)の指揮官交代式が5月5日、同軍司令部のあるイリノイ州スコット空軍基地で行われ、退役するウイリアム・フレイザー空軍大将(Air Force Gen. William M. Fraser III)に代わり、前航空機動集団司令官(Commander, Air Mobility Command)のポール・セルバ空軍大将(Air Force Gen. Paul J. Selva)が就任した。
国防総省サイト
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連

国防副長官着任

ロバート・ワーク国防副長官(Deputy Defense Secretary, Robert O. Work)の就任・宣誓式が5月5日ペンタゴンで行われた。
昨年12月に辞任したアシュトン・カーター(Ashton B. Carter)氏の後、国防副長官代行を務めていたクリスティン・フォックス(Christine H. Fox)氏に代わり第32代国防副長官に正式就任した。
ワーク副長官は、海兵隊砲兵士官出身、2009年から2013年まで海軍次官を務めていた。
国防総省サイト
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連

2014年04月05日

防衛大学校入校式

横須賀市の防衛大学校(国分良成学校長)で5日、入校式が行われ、本科第62期生571人(うち女子52人)が出席した。 研究科85人(同8人)、タイ、韓国などアジア9か国の本科留学生25人(同1人)も入校した。
本科の入学生を代表して北海道出身の割方誠一学生(18)が宣誓。 武田良太防衛副大臣は「自衛隊の使命に思いを致し、高き志を持って日々の生活、教育、訓練に励んでほしい」と訓示した。
(読売新聞 2014年04月06日)

2014年04月03日

米サイバー軍司令官就任

米サイバー軍司令官を兼ねる国家安全保障局長(Commander, U.S. Cyber Command and Director, National Security Agency / Chief, Central Security Service)の着任式が、4月3日、同軍司令部のあるメリーランド州フォートミード陸軍基地で行われ、退役したキース・アレキサンダー陸軍大将(Army Gen. Keith B. Alexander)に代わり、前艦隊サイバーコマンド司令官兼第10艦隊司令官(Commander, Fleet Cyber Command / Commander, Tenth Fleet)のマイケル・ロジャース海軍大将(Navy Admiral, Michael S. Rogers)が就任した。
NSAサイトを見る
posted by DSI管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デイリーニュース米軍関連

2014年04月02日

平成26年艦艇の編成替え

海上自衛隊の「あきづき型」護衛艦の3.4番艦が3月12日と13日に相次ぎ就役、これに関連し除籍と編成替えが行われた。 その他詳細は以下の通り。

護衛艦「すずつき」(DD-117)
3月12日就役(三菱重工長崎)
配備先:第4護衛隊群第8護衛隊
定係港:佐世保

護衛艦「ふゆずき」(DD-118)
3月13日就役(三井造船玉野)
配備先:第3護衛隊群第7護衛隊
定係港:舞鶴

護衛艦「いそゆき」(DD-127)
第13護衛隊:佐世保
3月13日除籍

護衛艦「はるゆき」(DD-128)
第13護衛隊:佐世保
3月13日除籍

護衛艦「うみぎり」(DD-158)
第4護衛隊から第12護衛隊へ
定係港:呉
3月12日付

護衛艦「さざなみ」(DD-113)
第8護衛隊から第4護衛隊へ
定係港:呉
3月12日付

護衛艦「さわぎり」(DD-157)
第5護衛隊から第13護衛隊へ
定係港:佐世保
3月13日付

護衛艦「ありあけ」(DD-109)
第7護衛隊から第5護衛隊へ
定係港:佐世保
3月13日付

掃海艇「まきしま」(MSC-677)
第42掃海隊:神戸
4月2日除籍

掃海艇「なおしま」(MSC-684)
第43掃海隊(下関)から第42掃海隊(神戸)へ
4月2日付

2014年04月01日

防衛省入省式

防衛省の平成26年度総合職、一般職、専門職の新規採用者合同入省式が4月1日、防衛省講堂で行われた。 今年度入省したのは計305名(うち女性77名)で昨年の227名を大きく上回った。
内訳は、総合職32名、このうち事務職は13名(女性4名)、技術職は19名(同1名)、一般職が大卒121名(同23名)、高卒127名(同40名)、社会人6名(同0名)、専門職(語学・国際関係)が19名(同9名)。
入省式では、武田防衛副大臣の訓示の後、新職員全員の名前が読み上げられ、西事務次官が辞令を交付、入省者代表の笹岡祐衣事務官(大臣官房文書課)が宣誓書を読み上げた。
また式後の報道陣インタビューには、鈴木祐梨事務官(国際政策課)と北原修事務官(防衛政策課)が代表として意気込みを語った。

平成25年度末改編

3月26日、自衛隊の年度末改編が実施され、統合幕僚監部に連絡調整課と運用第3課(訓練担当)が新設された他、陸海空各幕僚監部の装備部門が一部整理統合された。
部隊では陸上自衛隊第1戦車群の廃止、第6高射特科群の第15高射特科連隊への改編、第7及び第10師団の即応近代化改編、航空自衛隊航空総隊の防空指揮群等の作戦システム運用隊への改編、自衛隊指揮通信システム隊のサイバー防衛隊新編などが行われた。

新年度組織改編も含め、主な改編・新編等は以下の通り。

〔統合幕僚監部〕
(総務部)
・「総務調整官」廃止
・「連絡調整課」新設
(運用部運用第1課)
・「運用調整官」廃止
・「運用企画調整官」新設
・「事態対処調整官」新設
(運用部運用第2課)
・「訓練調整官」廃止
・「災害対策調整官」新設
(運用部)
・「運用第3課」新設
(防衛計画部)
・「防衛計画部副部長」新設
(防衛計画部計画課)
・「計画班」廃止
・「統合防衛戦略室」新設
(指揮通信システム部指揮通信システム企画課)
・「指揮通信システム研究班」廃止
・「統合通信体制班」廃止
・「統合通信システム研究班」新設

〔陸上幕僚監部〕
(装備部)
・「開発課」廃止
・「開発官」新設

〔海上幕僚監部〕
(装備部)
・「艦船課」「武器課」廃止
・「艦船・武器課」新設
・「艦船・武器課 艦船計画室」新設

〔航空幕僚監部〕
(装備部)
・「整備課」「補給課」廃止
・「整備・補給課」新設
・「整備・補給課 補給室」新設

〔陸上自衛隊〕
(北部方面隊)
・「第1戦車群」廃止 *1
・「第7師団」即応近代化改編
(中部方面隊)
・「第10師団」即応近代化改編 *2
・「第49普通科連隊」中部方面混成団へ移管
(西部方面隊)
・「第6高射特科群」廃止
・「第15高射特科連隊」新編 *3
・「西部方面普通科連隊教育隊」新編

〔航空自衛隊〕
(航空総隊)
・「防空指揮群」廃止
・「プログラム管理隊」廃止
・「作戦システム運用隊」新編
・「第7移動警戒隊(美保)」廃止
〔共同部隊〕
(自衛隊指揮通信システム隊)
・「保全監査隊」廃止
・「サイバー防衛隊」新編

*1「第1戦車群」廃止関連
・第11師団第11戦車大隊が真駒内から北恵庭へ移駐
・北恵庭駐屯地司令職が第72戦車連隊長兼補へ
*2「第10師団」改編関連
・第10特科連隊2個大隊廃止
・普通科連隊対戦車中隊廃止
*3「第15高射特科連隊」改編関連
・第306高射搬送通信中隊を高射搬送通信中隊に改称
・第341高射中隊を第1中隊に改編(知念)
・第342高射中隊を第2中隊に改編(勝連)
・第323高射中隊を第3中隊に改編(白川)
・第326高射中隊を第4中隊に改編(南与座)

〔防衛省組織令の一部改正 等〕4月1日付
(内局)
・大臣官房審議官7人→6人
・大臣官房参事官5人→4人
・大臣官房文書課「企画調整室」新設
・防衛政策局国際政策課「日豪防衛協力室」新設
・防衛政策局調査課「調査研究室」新設
・人事教育局厚生課「宿舎企画室」新設
・人事教育局衛生官「病院機能強化班.救急救命強化班」新設
・経理装備局航空機課「航空機班」廃止「航空機第1班.同第2班」新設
(機関等)
・技術研究本部「土浦試験場」廃止
 (航空装備研究所土浦支所へ改編)
・技術研究本部「電子装備研究所」改編
 (情報通信研究部.センサ研究部.電子対処研究部)
・装備施設本部「調査研究室」廃止
・装備施設本部「総務課法務室」新設
・防衛医科大学校医学教育部看護学科(4年制)新設

2014年03月31日

春の将官人事

小野寺防衛相は3月18日の閣議で、自衛隊将官人事を報告、了承された。 発令は28日付。
主な人事では、海上幕僚副長、自衛艦隊・護衛艦隊・航空集団各司令官、佐世保地方総監、統幕運用部長、第1・第2各師団長らが交代した。
これに伴い、陸将に2人、海将、空将に各1人が昇任(退職 陸将2人・海将2人)、26日31日付も含め将補には11人が昇任(陸7・海2・空2人/退職 陸4・海1・空1)、計39名の将官異動人事が発令された。

将の人事は以下の通り。

防衛省人事(28日)
▽海上幕僚副長(航空集団司令官)海将 重岡康弘
▽自衛艦隊司令官(海上幕僚副長)海将 鮒田英一
▽護衛艦隊司令官(統合幕僚監部運用部長)海将 河村正雄
▽航空集団司令官・海将(佐世保地方総監部幕僚長・海将補)佐藤誠
▽佐世保地方総監(護衛艦隊司令官)海将 池田徳宏
▽統合幕僚監部運用部長・空将(航空幕僚監部監理監察官・空将補)前原弘昭
▽第1師団長・陸将(西部方面総監部幕僚長兼健軍駐屯地司令・陸将補)永井昌弘
▽第2師団長・同(富士教導団長・陸将補)市野保己

退職(28日)
▽第1師団長・陸将 反怖謙一
▽第2師団長・陸将 友部薫
▽自衛艦隊司令官・海将 松下泰士
▽佐世保地方総監・海将 吉田正紀